むくみを予防するために「寝る前のひざ上げ」運動がいい

脚のむくみ、冷え性で悩む女性は多いですね。長時間立ち仕事、椅子に座りっぱなしもいけません。

このような状態を続けていると、人間の血液の70%が下半身に溜まって、その分上半身、心臓は血液不足になってしまいます。そのため、脚を心臓より高い位置にあげるだけで、血液が心臓に戻り「静脈還流」を促せられます。

足浴して脚を温め、足先から心臓に向けてマッサージすると血流が良くなり、足先も温かくなります。

また、重力の作用で脚をあげるだけで、自然に血液の正常な巡りを取り戻すことができます。静脈は収縮しないので、重力と筋肉の力で動かさないと、どんどんむくみがひどくなることもあります。

脚がむくんでいるときは、なるべくその日のうちにケア。むくみ防止には寝る前の10分「ひざ上げ」が有効です。

血液の流れがよくなると、むくみ防止、免疫力の向上、自律神経のバランス改善、新陳代謝の促進
、便秘解消、美肌、生理痛や更年期障害の軽減 などいいことがたくさんあります。

脚をマッサージするならルピエラインを使うといいですよ!