背中にも

顔のにきびで悩んでいる人が多いのはよく知られていることですが、実は背中にも

にきびができることをご存知でしょうか。背中のにきびができる原因は色々ありますがそのひとつはアクネ菌です。アクネ菌は顔などの皮膚の毛穴にあるといわれるものです。これは顔ににきびができる原因にもなっています。このアクネ菌は顔だけでなく人の背中の毛穴にも存在するのです。背中ににきびが出来てしまう原因は、背中の皮膚の毛穴によけいな皮脂が詰まって皮膚が化膿することなのです。なかでも背中に汗をかいた後そのままにしておくとアクネ菌が繁殖しやすくなり、背中ににきびができやすくなる原因となってしまいます。またにきびができやすい状態になるといえるのは、化学繊維の下着などを着用していて汗がたまりやすくなっているときです。アクネ菌や皮脂や汚れの付着が背中ににきびを作りやすくさせているのです。にきびの跡が背中のにきびを放置しておくとできてしまうのがやっかいです。モテフィット