一概にココが安い!なんてのはない現実

ウォーターサーバーというのは、今の時代結局どこが安いのか分からない。安く使えそうなところは所々にあるものの所詮は使い方次第‥水の注文数次第になってくるのが現実のように思います。

ウォーターサーバー宅配水サービスでかかってくる料金項目は主に「お水代」「サーバーレンタル料」「(お水の)配送料」の3つになってくるでしょう。このうち、サーバーレンタル料や配送料に関しては無料にしているところが多いですね。

かかる料金はお水代だけ!っていう料金設定にしているところがどんなに多いことか‥。お客さんからすればそうした料金はお水代だけっていう形にしたほうが分かりやすいでしょうし、良いのかもしれません。でも当然サーバーレンタル料や配送料が無料になっているなら、その残った唯一の料金発生源であるお水代は割増設定されていて当然です。

天然水の料金はどこも高いものですが、その高い料金も「料金はお水代だけです」っていう形式にしているところは、結局サーバーレンタル料も配送料なんかも全部お水代にプラス設定しているだけじゃない!っていう話です。結局どこが一番安いか‥なんてのはひと月のお水の利用量次第で変わってくるものです。
格安の水道直結型ウォーターサーバー