明け方の眠気は年齢とともに厳しくなります

10代や20代の頃は多少無理をして夜更かしをしても朝、すっきり起きることができました。また、多少眠気があってもすぐに通常のペースに戻すことができたのが実態です。

しかしながら40代を迎える頃には朝の眠気が非常に厳しくなってきます。特に、季節を問わず夜更かしをした時、お酒が飲みすぎたときの翌日、仕事で疲れが溜まっている時などは翌朝の眠気が激しく、なかなか通常のペースに戻すことができません。一般論としてコーヒーを飲めば眠気が覚める、または冷たい水で顔笑えば眠気が覚めるなどと言いますが実態はそんな事はありません。

私の場合眠気はなくなるのは時間が経過するほかありません。特に私は低血圧であるわけでは無いのですがこれは年齢とともに顕著になってきている事実です。

個人的には布団から起き上がるのはしんどいと言う事は無いのですがしゃきっと通常のペースに戻すことがなかなかできないのが悩みです。

ですから、40歳を超えた頃からはできるだけ夜更かしもしませんし、お酒も飲みすぎることを控えるようにしています。しかしながら、仕事の疲れで翌朝辛いことだけはなかなか代えられません。
とにかく、これからは衰える一方なので無理をしないことを心がけたいと思います。

キリツテインの効果について、口コミで評価が高い理由を考えてみますと、「日常生活のストレス緩和」があると思います。ストレスがあるとよく眠れません。よく眠れなければスッキリと起きることができなくなります。キリツテインでストレス解消できたという口コミが多いので評判がいいのだと思います。キリツテインの効果については以下のサイトにまとまっています。

キリツテインの効果が凄いと口コミで評判な理由